営業

営業

磯崎恒星

2019年新卒入社

成長できる機会を見逃さず、自ら掴みにいくようにしています。

CHAPTER 01

入社を決めた理由

「教育を通じて人の幸せに貢献にする」というミッションや、お客さまへの想いを聴いて入社を決めました。もともと、私自身は起業したいという思いがあり、大手に行くよりもベンチャーで自分の市場価値を上げていきたいという思いもありました。ラーニングエッジは成長できる機会がたくさんあり、挑戦できる環境が整っているのでこちらの道を選んでよかったなと思っています。

CHAPTER 02

入社してみてよかったこと

ラーニングエッジで1年働くと、他の会社の3年分の成長ができるところです。清水社長がよく仰っていますが、本当にその通りだなと思います。また、お客さまには経験が豊富な経営者の方が多く、そんな方々から逆に多くのことを学ばせていただくことが多々あります。成長できる機会がとても多いのがラーニングエッジの良いところだと思います。

CHAPTER 03

入社1年目を振り返って

正直、苦しいことは多々ありました(笑)「お客さまに与えられるものなんて、新卒1年目にはない」と思っていましたが、チームリーダーから「優秀な人間になろうとするよりも、お客さまに対する有益な人間になれ」と言われたことを今も大事にしています。お客さまとお客さまをお繋ぎしたり、お客さまのお話に真剣に耳を傾けたり、「こいつと一緒にいると有益だな」と思ってもらえるように心がけていました。

CHAPTER 04

お客さまとのエピソード

始めて受注したお客さまが印象に残っています。大阪で体験会を実施したときに出会った方で、いかにも「関西のおばちゃん」という感じの方でした。「今回は遠慮します」と帰ろうとしていましたが、「せっかくお時間をいただいたのだから、ここでお伝えしないと自分が後悔しそう」と勇気を振り絞り、少しでもお客さまのためになればとお話しました。結果、「そんなことまで話してくれるなら参加してみたい」と東京まで来てくださり、今も良い関係を築けています。

CHAPTER 05

今後のビジョン

講師として影響力のある人になっていきたいです。コンサルティング能力や影響力、実績を身につけた状態でラーニングエッジの講座に登壇したいと思っています。また、新卒3人を含めたチームを持たせていただきました。そのときに感じたのが「部下が結果を出すのは、自分が結果を出すよりも何倍も嬉しい」ということ。自分の実力を付けるのはもちろんですが、組織を勝たせることができる自分にもなっていきたいです。

TOP
TOP