リピーター獲得に有効なマーケティング施策とは?業種別の取組ポイントも紹介

リピーター獲得に有効なマーケティング施策とは?業種別の取組ポイントも紹介

リピーターの獲得にマーケティングの活用は有効で、顧客ニーズの理解や顧客とのエンゲージメントと企業の信頼性向上に役立ちます。

本記事では、リピーターの獲得にマーケティングを行う重要性と、実施のメリット、リピーターを獲得できる具体的なマーケティング施策を解説します。

また、実施の注意点と業種別の取組ポイントも紹介します。

本記事を最後まで読めば、マーケティングでリピーターの獲得率を向上させ、その先にある「生涯顧客」につなげる方法まで分かります。

リピーターの獲得にマーケティングを行う重要性

マーケティングの大切さは、多くの顧客をつかんで、その人たちが長い間その商品やサービスを好んでいてくれるようにすることです。

既存顧客に商品やサービスを宣伝すると、ブランドを忠実に支持してくれる人が増えたり、何度も買ってもらえるようになったりします。

実際に既存顧客を5%増やすと、利益が25%以上増えると言われています。新規顧客を探すよりも、既存顧客を大切にする方が費用対効果の高い場合が多いです。

リピート購入を増やすためには、個人に合わせたサービスやメールマーケティングなど、様々なマーケティングの方法が使えます。

マーケティング活動は、企業は顧客の注意を引き続けて、リピート購入の可能性を高められるのです。

リピーターの獲得にマーケティングを実施するメリット

次に、リピーターの獲得にマーケティングを実施するメリットを紹介します。

具体的な項目は以下の通りです。

  • 企業のファンになる人が増える
  • 顧客生涯価値が上がる
  • 顧客からフィードバックを得られる

一つずつ解説していきます。

企業のファンになる人が増える

一つ目は、企業のファンになる人が増えることです。

マーケティングを使って、顧客との良い関係を築くことは、リピート購入やブランドのファンになる可能性が高まります。

顧客が感謝され大切にされると、企業に忠誠心が生まれて、長い目で見た成功につながるのです。

例えば、SNSを活用したターゲット広告や顧客向け特典プログラムの導入は、企業のファンを作り、リピーターを増やす効果があります。

顧客生涯価値が上がる

二つ目は、顧客生涯価値が向上することです。

顧客生涯価値とは、顧客との長いつながりを通じて、その顧客が企業にもたらす総価値のことです。

リピーターを特に狙う戦略は、投資に対する効果が高くなります。

リピーターは長期間に渡って多く支出し、新しい製品やサービスを試す傾向があるからです。

そのため、既存顧客の維持に力を入れることで、企業は全体的な収益を増やせます。

顧客からフィードバックを得られる

三つ目は、顧客からフィードバックを得られることです。

企業は顧客と継続してコミュニケーションを取ったり、関わりを持ったりすることで、企業は製品やサービスについてのフィードバックを集められます。

そこから顧客ニーズを理解したり課題を発見したりすることで、顧客にさらに良い体験をするために商品を改善できます。

リピーターを獲得できるマーケティング施策

次に、リピーターを獲得できるマーケティング施策を紹介します。

具体的な施策は、以下の通りです。

  • 商品購入後に他商品をおすすめするメールを送る 
  • 顧客にレビューや体験談を残してもらう
  • 二回目の購入につなげるインセンティブを渡す
  • リターゲティングマーケティングを行う
  • 定期的にEメール・ニュースレターを送付する
  • リピーター向けの特別プログラムを作る
  • 顧客同士が交流できるコミュニティを作る

一つずつ解説していきます。

商品購入後に他商品をおすすめするメールを送る

一つ目は、商品購入後に他商品をおすすめするトランザクショナルメールを送ることです。

トランザクショナルメールとは、特定のアクションやトランザクションに応じてユーザーに送信される自動メッセージのことです。

これらのEメールは通常、購入、サービスへのサインアップ、商品の購入など、ユーザーの行動がトリガーとなり発信されます。

リピーターを獲得するためには、ユーザーの商品購入後に、顧客の過去の購入履歴や、他の顧客が購入した関連性の高い商品を推薦することで、顧客の次の購入を促進できます。

例えば、ある顧客がカメラを購入した場合、あわせてレンズやアクセサリーを提案するメールを送ると効果的です。

この戦略は、顧客の次の購入につなげるだけでなく、顧客が自分のニーズに合った商品を見つけやすくします。

顧客にレビューや体験談を残してもらう

二つ目は、顧客にレビューや体験談を残してもらうことです。

良いレビューや体験談は、お店の信頼性や品質を証明します。満足した顧客からのフィードバックを大切にし、ウェブサイトやSNSで紹介すると効果的です。

顧客のレビューや体験談は、お店の良さを証明してくれる大事なもので、これを活用すると、リピーターを増やせます。

次回の購入につなげるインセンティブを渡す

三つ目は、次回の購入につなげるインセンティブを渡すことです。

割引や特典、クーポンなどのインセンティブを提供することで、顧客のロイヤルティを高められます。

例えば、ある商店で「今日商品を買ったら、次回のお買い物は50%オフにする」施策を行うのは、顧客が再度訪れたいと思わせる効果的な方法です。

これにより、顧客と企業の双方にとって良い状況を生み出せます。

リターゲティングマーケティングを行う

四つ目は、リターゲティングマーケティングを行うことです。

リターゲティングマーケティングは、顧客がウェブサイトを訪れた後に、そのウェブサイトで見た商品やサービスに関する広告を後日に表示することです。顧客が興味を持っていた商品を思い出させ、ウェブサイトへの再訪を促せます。

例えば、ある人がオンラインで靴を見て興味を持った場合、その後に他のウェブサイトを訪れても、その靴の広告が表示されることがあります。

これにより、その人が再びその靴を考えるきっかけとなり、購入につながることがあるのです。

リターゲティングは、シンプルかつ効果的なマーケティング手法であり、企業の収益に大きな影響を与えられます。

定期的にEメールやニュースレターを送付する

五つ目は、定期的に個人に最適化したEメールやニュースレターを送付することです。

個人に合わせた最新情報や特別なお知らせを送ることで、顧客が企業に興味を持ち続け、つながりを強化できます。

また、定期的にコミュニケーションを取ることは、信頼関係を築くのに役立つだけでなく、リピート購入の可能性も高めます。

リピーター向けの特別プログラムを作る

六つ目は、リピーター向けの特別プログラムを作ることです。

特別な割引や特典を提供すると、顧客がもう一度来てくれる可能性が高まります。また、企業は感謝を示し、顧客との良い関係を築けるのです。

例えば、レストランでは、来店ごとにポイントをためて一定のポイントで無料の食事を提供するプログラムを作成できます。

これは、再来店のきっかけになるだけでなく、次の特典へのワクワクした気持ちを生み出します。

顧客同士が交流できるコミュニティを作る

七つ目は、顧客同士が交流できるコミュニティを作ることです。

この戦略では、顧客同士やブランドとの関係を大切にし、強いコミュニティを築くことでリピーターを惹きつけます。

コミュニティを作るときは、まずターゲットとなる顧客を見つけて、その人たちの欲しいものや興味を理解しましょう。そして、SNSのグループやフォーラムを使って、顧客同士やブランドと交流できる場を作ります。さらに、関連するイベントやワークショップを開いて、顧客とブランドのつながりを深めることも可能です。

コミュニティを大切にし、顧客とのつながりを感じることで、企業はリピーターを多く集められます。

お金をかけずに売上を伸ばす5つの秘訣_横長バナー

リピーターの獲得にマーケティングを行う注意点

次に、リピーター獲得にマーケティングを行う注意点を紹介します。

具体的な注意点は以下の通りです。

  • 割引やプロモーションに頼りすぎない
  • 顧客サービスをおろそかにしない

それぞれ解説していきます。

割引やプロモーションに頼りすぎない

一つ目は、リピーターを獲得するために割引やプロモーションに頼りすぎないことです。

値引きは一時的に効果的ですが、それだけに頼るとブランドの価値が下がり、利益が減ることもあります。

インセンティブを提供することと、製品やサービスの価値を保つことのバランスを大事にしましょう。

顧客サービスをおろそかにしない

二つ目は、リピーター獲得のために顧客サービスや満足度をおろそかにしないことです。

顧客との強い関係を作ることは、企業への忠誠心を育むために欠かせません。

一方で、リピーター獲得のためのマーケティングばかりに注力するようになると、優れた顧客サービスを提供することを忘れてしまう可能性があります。

そのため、顧客が購入した商品に満足しているかを常に確認する姿勢を持ちましょう。

もしも商品に問題や顧客に不満があった際は、迅速に対処して信頼を積み重ねることが大切です。

リピーター獲得のための業種別取組ポイント

最後に、リピーター獲得のための業種別取組ポイントを紹介します。

紹介する業界は以下の通りです。

  • 飲食業
  • サービス業(美容や整体院、フィットネス)
  • 士業
  • クリニック(歯科、医院)

各業界について解説していきます。

飲食業

飲食業界では、リピーターを獲得し維持するために、頻繁に来店する顧客に割引クーポンを渡したり、リピーター向けの特別ディナーや試食会などのイベントを開くのが効果的です。

割引クーポンを渡すことで顧客がよく来てくれるようになり、新しい料理やメニューに挑戦するきっかけを提供できます。

また、特別イベントを開くことで顧客とのつながりが深まり新しい顧客も呼びこめます。

飲食業界ではリピーターを獲得し維持するために、割引クーポンや特別イベントを通じて顧客との絆を大切にすることが重要です。

サービス業(美容・整体院・フィットネスなど)

サービス業はリピーターを獲得するために、紹介特典を渡したり予約前のリマインドメッセージを送信したりするのが重要です。

紹介特典やインセンティブを提供することで既存の顧客の忠誠心を高め、また新しい顧客を獲得することにつながります。

また、予約前のリマインドメッセージを送ることで予約を忘れることが減り、顧客の満足度を向上させます。

サービス業はリピーターを獲得し維持するために、これらの施策を行いながら、顧客との繋がりを深めることが大切です。

士業

士業がリピーターを獲得し維持するためには、ニュースレターやメルマガを送って定期的に役立つ情報を提供したり、セミナーやワークショップを開いたりすることが大切です。

定期的な情報提供やセミナー開催は、顧客がその事業者に興味をも続けて、信頼と信用を築くのに役立ちます。

例えば、税理士事務所であれば、税金に関するお役立ち情報をニュースレターで配布したり、税務セミナーを通じて、顧客に役立つ情報を提供したりできます。

これらの施策は、より良いサービス提供をしていることを証明して、顧客と強いつながりを築くのにも役立ちます。

クリニック(歯科・医院など)

クリニックはリピーターを獲得し維持するために、治療後も患者のことをフォローアップしたり、定期的なサービスに割引やキャンペーンを行ったりしましょう。

高品質な治療と患者の満足度向上を大切にして、患者との信頼関係を築くことで、また次に来てもらえるようにしたり、新しい患者を紹介してもらったりできます。

例えば、治療後に患者の健康をチェックしたり、定期的なサービスに割引キャンペーンを行ったりすることが可能です。

クリニックは素晴らしいサービス提供と患者との継続的な関係を大切にすると、多くの患者と長期的なお付き合いができます。

ときわ亭マーケティング戦略の秘訣_横長バナー

リピーターを獲得できるマーケティング施策を知ろう

今回は、リピーターを獲得するマーケティング施策を中心に、実施のメリットや業種別の取組ポイントを紹介しました。

リピーター獲得のためにできるマーケティング施策には、顧客とのやり取りをパーソナライズすることで、顧客に特別感を与え、ブランドとのつながりを強化することが大切です。

また、顧客同士が交流できる機会を設けたり、既存顧客だけの特典を渡したりすることも有効です。

効果的なマーケティング施策を通じて顧客とより深い関係を築き、リピーターを増やしましょう。

「ブランディングと聞くと大企業の話ばかり。
 自分の小さな事業ではブランディングはできないのかな…」
「成功している企業と自分の会社、一体どこが違うんだろう?」

そう感じたことがある方も多いのではないでしょうか。

フリーランスが急増し、競争が激化している近年では

中小企業・個人事業主であっても「繰り返し選んでもらえるブランディング」の重要性が増しています。

大規模なキャンペーンを打つ資金がなくても、選ばれ続けるブランドが作れる秘訣を

「お金をかけずに売上をあげる絆徳(ばんとく)のマーケティング」

として動画で解説しています。

お金をかけずに売上を伸ばす5つの秘訣_横長バナー
  • どんな商品も”唯一無二”にできるブランディングの本質
  • 資金がなくてもリピーターを増やすコツ
  • お客さまに選ばれ続ける関係づくりの5ステップ

などなど

お金がなくてもあなただけのブランディングが実現できるようになる約1時間の動画です。

今だけ無料公開していますので、ぜひご視聴ください。

限定動画を視聴する