集客でWebを活用する14種類の方法と成功戦略

集客でWebを活用する14種類の方法と成功戦略

集客でWebを活用する方法には、SNSやメルマガ、SEOなど様々なものがあります。

企業がターゲット顧客に合わせたアプローチを行うためには、適切な方法を選択する必要があります。

本記事では、集客にWebを活用した効果的な14個の方法を網羅的に解説します。

それぞれの方法のメリット・デメリットや実践ポイント、おすすめのツールや成功事例についても紹介しますので、ぜひご覧ください。

目次

集客にWebを活用する方法14つ

集客にWebを活用する方法について以下の項目を紹介します。

  • SNS
  • YouTube
  • SEO
  • MEO
  • リスティング広告
  • ディスプレイ広告
  • アフィリエイト広告
  • LP広告
  • リターゲティング広告
  • オンラインセミナー
  • プレスリリース
  • オウンドメディア
  • メールマガジン
  • ホワイトペーパー

それぞれの概要と、メリットとデメリット、実践ポイントを解説しますので参考にしてください。

SNS

SNSには、Twitter(X)、Instagram、Facebook、TikTokなどの種類があり、多くのユーザーにリーチするための効果的な手段です。

SNSのプラットフォームにアカウントを作成し、ユーザーに役立つコンテンツを発信したり、商品・サービスの情報やキャンペーンの告知を行ったりすることができます。

SNSのメリット

・情報の拡散が期待できるためバズる可能性がある

・無料で使用できるため費用対効果に優れている

・SNS上で顧客と直接コミュニケーションを取れる

SNSのデメリット

・様々な情報に溢れているため自社の情報が目に留まりにくい

・ネガティブなコメントがつき、炎上する危険がある

・個人情報の漏えいなど、プライバシー保護に気を付ける必要がある

SNSの実践ポイント

それぞれのSNSで使用者の主な年齢層や性別は異なるため、自社のターゲットに合わせたSNSの使用や、投稿を行いましょう。

また、効果が出るには一定の時間がかかります。

継続的に投稿をしたり、「いいね」をしたり、「コメント」などをしたりと、リアクションすることでアカウントを多くの人に知ってもらいましょう。

YouTube

YouTubeは、月間20億人以上が利用する世界で最も有名な動画プラットフォームです。

自社のチャンネルを作って、選定ターゲットに役立つコンテンツを発信することで企業の認知力を向上させたり、自社の商品・サービスを紹介したりできます。

YouTubeのメリット

・世界中で視聴でき、幅広いターゲットへのリーチが望める

・SNSでの拡散が期待できる

・チャンネルの視聴者が増えることで、広告収益を得ることができる

YouTubeのデメリット

・効果が出るまでに時間がかかる

・動画の編集スキルや企画力で再生数が変動する

・継続的に見てもらうために、コンスタントに動画をアップロードする必要がある

YouTubeの実践ポイント

高品質な動画作成を行うことはもちろん、集客率を上げるためにはより多くの方に見てもらうことが重要です。

動画のクリック率を上げるために、以下の取り組みを行いましょう。

  • 目を引くサムネイルを使用する
  • SNSで宣伝する
  • 他社や有名なYouTuberとコラボする

より多くのターゲットに見てもらう工夫をおこなってください。

SEO

SEOとは、Search Engine Optimizationの略称で、検索エンジン最適化という意味があります。

企業はユーザーが検索したキーワードのニーズを満たすコンテンツ作成を行い、検索エンジンの上位表示を狙うことで、トラフィックの獲得が期待できます。

SEOのメリット

・狙ったKWが上位に表示されると、一定期間の集客が期待できる

・特定のキーワードで検索されるユーザーにマッチしたコンテンツを提供できるため、より自社が定めたターゲットに興味を持ってもらいやすい

・自社のコンテンツが上位表示されることで信頼度の向上につながる

SEOのデメリット

・効果が出るまでに一定の時間がかかり、継続的な取り組みが必要

・検索エンジンのアルゴリズム変更により、順位が変動する恐れがある

・多くの企業が参入しているため、競争が激化している

SEOの実践ポイント

ユーザーの検索意図のニーズを満たす高品質なコンテンツ作りを行いましょう。

例えば、Googleでは、SEO対策を行いたい方に向けて、スターターガイドが配信されているため参考にできます。

HTMLタグや画像を最適化したり、モバイルに対応したサイト作りをしたりするなどを始め、一つ一つできることから始めていきましょう。

MEO

MEOは、Map Engine Optimizationの略称で、マップ検索エンジン最適化という意味があります。

Googleマップなどの地図エンジンにおいて、例えば「新宿 美容院」「文京区 居酒屋」など地域情報のキーワードを検索した際に見込み顧客の目に留まりやすくなります。

MEOのメリット

・SEOに比べて短期間の効果を期待できる

・地域顧客に自社をアピールできる

・MEOはSEOに比べて競合が少ないため、効果が出やすい

MEOのデメリット

・実店舗を持たない企業には適さない

MEOの実践ポイント

MEO対策は、Googleマイビジネスプロフィールに登録することで実施することができます。

店舗名、住所、電話番号、写真、事業説明などの情報を登録して、プロフィール内容を充実させましょう。

リスティング広告

リスティング広告は、検索エンジンの検索結果ページに表示される広告のことを指します。

特定のキーワードを検索した際に表示され、ユーザーの関心に合わせて表示できます。

リスティング広告のメリット

・短期間で広告を表示させることができる

・広告を表示するデバイスや地域、言語などを細かく指定できる

・予算や入札単価、表示頻度などを設定できるため、コントロールしやすい

リスティング広告のデメリット

・広告のクリックを避けるユーザーもいる

・クリックされた数やユーザーへの表示回数によって費用が変わり、高額になる場合がある

リスティング広告の実践ポイント

自社の強みを訴求できるよう独自性のある魅力的な広告作成がポイントです。

競合が激化しているため、ターゲットにピンポイントで訴求したり、他社とは異なる内容を考えたりなど、他社との差別化を行っていきましょう。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告は、Webサイトやアプリの広告枠に表示される画像、動画、テキスト広告のことです。

認知拡大の目的で広告配信するのに向いています。

ディスプレイ広告のメリット

・画像や動画を使って視覚的な訴求を行うことができる

・ユーザーの行動履歴や関心に基づいて広告を配信できる

ディスプレイ広告のデメリット

・画像や動画を使用するため、デザイン力が問われる

・認知拡大が主目的で、購入や問い合わせに直接つなげることは難しい

ディスプレイ広告の実践ポイント

視覚的な訴求力のある画像や動画を使用し、ユーザーの興味を引く広告を制作することが重要です。

また、広告を表示する属性を決められるため、詳細にターゲット選定を行ったうえで、作成に取り組みましょう。

実施中は、効果を測定しながら、改善を行ってください。

アフィリエイト広告

アフィリエイト広告は、Web上で商品を紹介し、ユーザーがその広告を経由して商品を購入した際に報酬が払われる成果報酬型の広告です。

アフィリエイト広告のメリット

・成果型報酬のため出稿企業は広告費を削減できる

・有名なアフィリエイトパートナーと連携すると、商品の認知度向上につながる

アフィリエイト広告のデメリット

・アフィリエイトパートナーの宣伝の仕方によって、商品の評判が下がることがある

・アフィリエイトパートナーの選定が難しい

アフィリエイト広告の実践ポイント

そもそもアフィリエイトパートナーに自社商品を選択してもらわなければ、アフィリエイト広告に出稿することができません。

報酬単価を見直したり、CVRの改善に努めたりすることで、パートナーにとって魅力的なオファーができるようにしてください。

LP広告

LP広告は、訪問者の商品の購入や問い合わせなどのコンバ―ションの獲得を目的としたWebページのことです。

LP広告のメリット

・ターゲットユーザーの興味やニーズに合わせたメッセージを効果的に伝えられる

・商品の紹介からクロージングまで行える

・デザイン性が高く、ユーザーへ視覚的に訴求できる

LP広告のデメリット

・コンテンツ制作、画像やWebページのデザインなど制作コストがかかる

・SEO対策に適していない

・ターゲットが限定的であるため、それ以外のユーザーのコンバ―ション率は低い

LP広告の実践ポイント

デザインやコンテンツは、ユーザーの関心を引くために重要です。

ターゲットを明確にしたうえで、魅力的なデザインや画像やビデオ、効果的なキャッチコピーを入れて、訴求力をアップさせましょう。

ユーザーの多くは、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスからLP広告にアクセスします。

そのため、レスポンシブデザインを導入し、異なるデバイスでの表示に最適化することが重要です。

リターゲティング広告

リターゲティング広告は、自社のWebサイトを訪れたユーザーに対して、別サイトで関連する広告を再表示することです。

リターゲティング広告のメリット

・自社に関心の高いユーザーにアプローチできる

・自社の商品を別サイトで再表示するため、認知力向上につながる

リターゲティング広告のデメリット

・行動履歴を追跡して広告を配信するため、プライバシーの観点で否定的なユーザーがいる

・接触回数を増やし過ぎると逆効果になることがある

リターゲティング広告の実践ポイント

リターゲティング広告は、ユーザーにとって検討時間が長くなる商品ほど効果を発揮します。

例えば、不動産や金融などの高額商品は、検討時間が長くなります。

そのため、短期間で何度も広告を出さず、長期的なスパンで考えるなど、商品に応じて広告の配信時期を決めましょう。

オンラインセミナー

オンラインセミナーは、インターネット環境を用いて企業の情報や参加者に役立つコンテンツを発信することです。

オンラインセミナーのメリット

・対面講義と比較して会場に出向く必要がないため、より多くの集客が期待できる

・主催者の会場費や交通費などのコストがかからない

オンラインセミナーのデメリット

・インターネット環境により、接続のトラブルが起こり、中断される可能性がある

・参加者と直接会話できないため、温度感が分かりにくい

オンラインセミナーの実践ポイント

参加者限定で特典を付与したり、割引を行ったりすることで、参加するメリットを強調し集客を目指すことができます。

また、セミナーの日にちが近づいたら、参加者にリマインドメールを送付することで、参加者の日程忘れを防ぐことが可能です。

プレスリリース

プレスリリースとは、企業が報道機関やメディアに対して発行する公式文書のことです。

新製品の発売や会社の最新情報、イベントなどを伝える際に使用されます。

企業の情報を一般の人々やメディア関係者などに伝えることで、広報活動やブランドイメージの構築が可能です。

プレスリリースのメリット

・権威性や信頼性が高いメディアにプレスリリースが掲載されることで、自社の信頼性向上につながる

・プレスリリースにキーワードやリンクを含めることで、SEO対策が可能

・様々なメディアへの露出が期待でき、幅広いターゲットにリーチできる

プレスリリースのデメリット

・メディアへの掲載は確約されていない

・拡散される内容を自社で決めることはできない

プレスリリースの実践ポイント

プレスリリースは、広告ではなくメディアが活用するための情報です。

メディアからニュースとして選ばれるには、客観的な情報の記載をして、絵文字の使用は避けましょう。

また、ニュースの重要性や価値を示すニュースバリューを伝えることを意識してください。

オウンドメディア

オウンドメディアは、企業が所有・運営するメディアのことで、Webサイトやブログが挙げられます。

企業は自社のオウンドメディアを通じて製品やサービスに関する情報を提供し、顧客との関係を築くことができます。

オウンドメディアのメリット

・ブランドメッセージや自社が伝えたいコンテンツを自由に発信できる

・コンテンツを積み上げることで、企業は長期的な貴重な資産を作成できる

オウンドメディアのデメリット

・結果が出るまでに時間がかかる

・高い利益が期待できる一方で、成功の保証はない

オウンドメディアの実践ポイント

オウンドメディアを運用する際は、具体的な目的を立てましょう。

例えば、「Web サイトのトラフィックを促進する」「見込み顧客を獲得する」など具体的で測定可能な目標を持ってみてください。

企業は目標に応じたコンテンツ作成と戦略を練ることでスムーズな運用ができます。

メールマガジン 

メールマガジンは、定期的に電子メールでコンテンツを発信することです。

内容は、コラムや企業の最新情報、キャンペーンなど、読者へためになる情報を配信します。

メールマガジンのメリット

・定期的な送付でユーザーとの関係を強固にできる

・オウンドメディアやLP広告などの自社ページに導線できる

・費用がかからない

メールマガジンのデメリット

・メール内容によって開封率に差が出る

・迷惑メールに振り分けられることがある

メールマガジンの実践ポイント

メールのタイトルによって、開封率が変化したり、コンテンツの内容によって自社ページへの誘導率が変動したりします。

コピーライティングや高品質なライティング能力を磨くことによって、顧客に読んでもらえる確率を高めましょう。

ホワイトペーパー

ホワイトペーパーとは、商品・サービスの詳細な情報や、役立つコンテンツを記載したドキュメントのことです。

一般的には、Web サイトまたは電子メールを通じてダウンロードすることが可能です。

ホワイトペーパー内での行動喚起やセールスは、内容に応じて使い分け適切なタイミングで行動をしましょう。

ホワイトペーパーのメリット

・専門性と信頼性の高い情報を提供することで、自社の信頼性を高められる

・製品やサービス、業界全体の認知度を向上させられる

・ダウンロード時に提供された顧客情報からリード獲得を狙える

ホワイトペーパーのデメリット

・ターゲットで限定的で、広範な読者にアプローチすることが難しい

・制作に時間がかかる

ホワイトペーパーの実践ポイント

ターゲットを明確に定めることで、より効果的な情報提供が可能となります。

タイトルはホワイトペーパーの魅力を引き立てる重要な要素であり、興味を引くタイトルを考えましょう。

内容については、情報を過不足なく記載して、読者にとって必要な情報を提供しましょう。

専門用語には注釈を入れるなど、想定ターゲットに応じて分かりやすく伝える工夫をしてください。

集客にWebを活用する際のおすすめツール7選

次に、集客にWebを活用する際に役立つおすすめツールを紹介します。

独自のニーズに合わせて適切なツールを選択し、効果的なWeb集客を実施しましょう。

Google Analytics

Google Analyticsは、Webサイトのアクセス解析に利用されるツールです。

訪問者数や流入経路、コンテンツの閲覧数などのデータを分析し、効果測定や改善に活用することができます。

WordPress

WordPressは、Webサイトやブログを作成するためのCMSツールです。

豊富なテンプレートやプラグインが用意されており、簡単にWebサイトを作成することができます。SEO対策やコンテンツマーケティングにも対応しています。

Canva

Canvaは、グラフィックデザインの作成に特化したツールです。

バナーやポスター、SNSの投稿画像など、プロフェッショナルなデザインが作成できます。テンプレートも豊富であり、デザインの知識がなくても理想的なデザインを作ることが可能です。

Semrush

Semrushは、SEO、SNS、広告などに役立つ総合的なマーケティングツールです。

Webサイトのパフォーマンスの追跡やキーワード分析、SNSの投稿管理や配信など様々な機能を備えています。

MailChimp

MailChimpは、メールマーケティングに特化したツールです。

ニュースレターや情報の配信、その後のメールキャンペーンの実施などに役立てることが可能です。メールを自動投稿して送付の手間を減らせる自動化機能も充実しているため、効率的なメールマーケティングに役立ちます。

Hootsuite

Hootsuiteは、複数のSNSを一括管理できるツールで、対応しているSNSツールは、Instagram、Facebook、Twitter(X)、TikTokなどがあります。

一つのボードで様々なSNSを一覧で管理したり、複数のSNSアカウントの投稿やスケジュール管理を行ったりすることが可能です。

Hotjar

Hotjar は、Webサイトにおけるユーザーの行動解析に特化したツールで、Webサイトの改善やユーザーエクスペリエンスの向上に役立ちます。

ヒートマップやクリックマップ、セッションの録画など、ユーザーの行動や動作を可視化することが可能です。

お金をかけずに売上を伸ばす5つの秘訣_横長バナー

集客にWebを活用した企業の成功事例

集客にWebを活用した企業の成功事例を見ることで、自社の集客に活かすヒントを得ることができます。

成功事例を参考にしながら効果的なWeb集客を実施しましょう。

Airbnb

Airbnb|集客にWebを活用した企業の成功事例
公式サイト:Airbnb

Airbnbは、宿泊施設の提供者と利用者をつなぐオンラインサービスです。

AirbnbのInstagramには、世界中の宿泊先の写真が投稿されていますが、Airbnbは、InstagramとテレビCMでマーケティングを行ったことで、企業の認知力を大きく向上させています。

2017年、Airbnbは企業としての社会的責任を果たすため、テレビCMを使用して宗教、文化の多様性に寛容な姿勢を表明しました。

そして、その直後にInstagramにテレビCMに登場した人々の写真をアップしたのです。

当時、アメリカでは入国禁止令などの移民に対する厳しい政策が行われていました。

当時の情勢に即したマーケティングを行ったことが多くの人々の共感を呼び、フォロワー数の増加とブランドの認知度向上に成功しています。

株式会社DATAKIT

株式会社DATAKIT|集客にWebを活用した企業の成功事例
公式サイト:株式会社DATAKIT

株式会社DATAKITは、「リフォーム統合管理システムSAKSAK」の開発、販売、サポートを行っている企業です。

元々メールを使用した集客を行っていましたが、メールのライティングの仕方を見直して換えたそうです。

このことにより、前年に2ヶ月で100人集めていたイベントが僅か2週間で満席になるという成果を達成しました。

同じ媒体を使用したマーケティング方法でも、ライティングの仕方を変えるだけで、大きな集客率の向上につながっています。

集客にWebを活用するならターゲットを把握して

今回は、集客にWebを活用する14つの方法について、メリットとデメリット、実践ポイントとともに紹介しました。

また、集客にWebを活用する際に役立つツールと、企業の成功事例も解説しています。

集客にWebを活用する方法は、様々ありそれぞれにメリット、デメリットがあるため、自社の状況や集客目的と照らし合わせて、取り組んでみてください。

「SNSでどうやったら集客できるのかもっと具体的に知りたい…」
「インスタやLINEで面白いキャンペーンをやりたいけどアイデアが浮かばないなぁ…」

こんなふうに感じていませんか?

「競合に負けないためにSNSをやらなくちゃ」

とネットや書籍でSNSについて勉強しても、学んだ通りに実践するのはとても難しいもの。

成功している経営者から直接やり方を教わる機会なんてそうそうありません。

しかし、今なら成功している経営者が実践する「SNS集客の秘訣」を経営者本人から直接聞くことができます!

それが「0秒レモンサワー『ときわ亭』マーケティング戦略の秘訣」

わずか3年間で80店舗の新規開店に成功した飲食店チェーン「ときわ亭」を経営する

GOSSO株式会社代表の藤田氏がみずから解説してくれている50分間の動画です。

  • WebやSNSを使った集客のコツ
  • 拡散が止まらないキャンペーンの考え方
  • 競合に差をつけるコンセプトの作り方

などなど、一流経営者が秘密にしている集客の戦略がすべて具体的にわかります!

今だけ無料公開していますので、ぜひご視聴ください。

限定動画の視聴はこちら

Finding an apprenticeship – Frequently Asked Questions(FAQ)