マーケティングセミナーで個人事業主は何を学べる?おすすめテーマ5選とともに紹介

マーケティングセミナーに経営者が参加する7つのメリットとは?おすすめテーマを紹介

マーケティングセミナーで個人事業主が学べることとして、「マーケティングの基礎知識」「押さえておきたいフレームワーク」「ターゲット選定の考え方」「売れ続ける仕組みの構築方法」「Webマーケティングの知識」「マーケティングのトレンド」「マーケティング戦略の成功事例」が挙げられます。

個人事業主におすすめのマーケティングセミナーテーマは、集客・競合差別化・Webマーケティング・SNS戦略・ブランディング戦略などです。

それぞれの内容を学ぶことで得られるものも合わせて解説していきます。

マーケティングセミナーで個人事業主が学べること

マーケティングセミナーに個人事業主が参加すると、どのようなことが学べるのでしょうか。

具体的に見ていきましょう。

マーケティングの基礎知識

マーケティングの守備範囲は非常に広く、商品やサービスが売れる仕組みの構築全般を指し示しています。

実際、「マーケティングとは何をすることですか?」と聞かれた場合、具体的に答えるのは難しいと感じる方も多いのではないでしょうか。

マーケティングで取り組むべき主な活動は、次の4点に集約されます。

  1. 市場調査:市場の動向はどうなっているか・どのような顧客ニーズがあるか?
  2. マーケティング戦略設計:どの層に何をどうやって提供するのか?
  3. 広報宣伝活動:どのようにして認知を拡大し、興味を持ってもらうのか?
  4. 効果検証:マーケティング活動の成果がどの程度表れているか?

マーケティングにはさまざまな理論やフレームワークがありますが、いずれも上記の活動を着実に実行することが主な目的です。

「マーケティングとは何か?」に始まり、基礎知識を押さえることでマーケティングの全体像を把握しておくことが大切です。

押さえておきたいフレームワーク

マーケティングには多種多様なフレームワークが存在します。

フレームワークとは、さまざまな事象や状況に当てはめることで共通して活用できる考え方のことです。

代表的なフレームワークを押さえることによって、考え抜かれたマーケティング理論をご自身の事業でも活かせます。

マーケティングセミナーでは、次に挙げるようなフレームワークを習得可能です。

  • 3C分析:「市場・競合・自社」の3要素から競争環境を把握する
  • 5F分析:「売り手・買い手・競合・新規参入者・代替品」の5要素から業界環境を把握する
  • SWOT分析:強み/弱み・機会/脅威のマトリクスで市場機会を洗い出す
  • STP分析:セグメンテーション・ターゲティング・ポジショニングの3軸から競争優位性を構築する
  • 4P分析:製品・価格・流通・販売促進の4軸により戦略を具体化する
  • 4C分析:顧客価値・価格・利便性・コミュニケーションの4軸により戦略を構築する
  • PEST分析:事業を取り巻くマクロ環境の把握に役立つ

ターゲット選定の考え方

マーケティングを簡易的に表現すると、「誰に・何を・どのようにして」売るのかを考え、仕組みを構築することといえます。

中でも「誰に」に相当するターゲット選定は、事業を着実に構築していく上で不可欠な要素といえるでしょう。

すでに結婚式を挙げた人にはウェディング関係の情報が必要ないように、ターゲット選定を誤ると「良いものでも売れない」という状況に陥りかねないからです。

マーケティングセミナーでは、ターゲット選定の基本的な考え方から実践的なノウハウまで、さまざまな知見を学べます。

マーケティングを学びたい方は、まずターゲット選定から学び始めるとよいでしょう。

売れ続ける仕組みの構築方法

経営学者として世界的に知られるピーター・ドラッカー氏は、マーケティングの本質を次のように表現しています。

マーケティングの究極の目的はセールスを不要にすることである。(P.F.ドラッカー『マネジメント』より)

マーケティングの目的は「売れ続ける仕組み」を確立することにあります。

ドラッカー氏は、マーケティングに成功すれば営業活動をしなくても自然に売れていくと述べているのです。

個人事業主にとって、いかに少ないリソースで効率よく売上をつくるかが重要な課題といえます。

提供する製品やサービスが自然に売れるようになれば、最小限の労力で安定した売上を確保できるでしょう。

売れ続ける仕組みを構築するためにも、個人事業主の方こそマーケティングを学ぶ必要があるのです。

ラーニングエッジが開催している「絆徳の経営スクール(MBS)」では、どんな業種・どんな市場であっても共通する「マーケティングの本質」をお伝えしています。

短期的なノウハウやテクニックではなく、原理原則をお伝えしているため、市場の変化にも負けずに売れ続ける仕組みを作る方法を学ぶことができます。

集客に悩まず、安定した売上を手に入れたい方は、こちらで3時間の無料セミナーを体験してみてください。

無料体験セミナーに参加する

Webマーケティングの知識

現代のビジネス環境において、Webマーケティングの知識はどの業種にも必須となりつつあります。

マーケティング施策の費用対効果を鑑みると、Web媒体による情報発信はコストパフォーマンスが優れているからです。

特に事業が軌道に乗るまでの期間は、多額の広告費を投じられないケースも多いでしょう。

Webマーケティングを学ぶことにより、効果の高いマーケティング施策を効率的に実践しやすくなるはずです。

Webマーケティングが学べるセミナーは数多くあるので、業種を問わず参加してみることをおすすめします。

マーケティングのトレンド

マーケティングセミナーに参加することで、マーケティングの最新トレンドが把握できます。

マーケティングは日進月歩の分野であり、新たな理論やフレームワークが提唱されるケースは決してめずらしくありません。

既存のノウハウに関しても、新たな切り口で活用されたり、重視される手法が移り変わったりすることもあり得ます。

マーケティングセミナーでは、今まさに注目が集まっているテーマが取り上げられることも多いでしょう。

マーケティングのトレンドをキャッチすることを目的に、定期的にセミナーを受講するのも1つの考え方です。

マーケティング戦略の成功事例

マーケティングは書籍やWebサイトでも学べますが、「理解していても実践できない」ケースが多々見られます。

実践的な知識を身につけるには、マーケティング戦略のさまざまな成功事例を知ることが大切です。

理論やノウハウが実際にどう活用されているのかが分かると、ご自身の事業に活用するイメージも湧きやすくなります。

理論やノウハウを実行に移し、成果を挙げた方々の話を直接聞けることはマーケティングセミナーに参加する大きなメリットです。

マーケティングセミナーを通じて多くの成功事例に触れ、実践的なマーケティングの知識を身につけてみてはいかがでしょうか。

LINE登録すると、無一文から年商100億円の上場企業に成長した「北の達人」代表の木下社長が語った「集客の秘訣」動画を限定公開

個人事業主におすすめのマーケティングセミナーテーマ5選

マーケティングセミナーには幅広いテーマがありますが、個人事業主が参加するならどのようなテーマがよいのでしょうか。

個人事業主におすすめのマーケティングセミナーテーマ5選をまとめました。

集客

集客はマーケティングの中でも重要度の高いテーマであり、個人事業主にとって必須のテーマともいえます。

「良いものを作っても売れない」という状況に陥るケースの多くは、集客の施策に課題を抱えているからです。

集客に有効な手法は、オフラインでの集客とオンラインでの集客に大きく分けられます。

オフラインでの集客・ポスティング
・折込チラシ
・街頭配布
・フリーペーパー
・新聞
・雑誌広告
・看板広告
・DM
・訪問営業
・展示会
・紹介
・口コミ
オンラインでの集客・Webサイト
・Web広告
・SNS運用
・SNS広告
・動画配信(YouTubeチャンネル)
・動画広告
・オウンドメディア
・ECサイト
・グルメサイト(飲食店の場合)

どの集客方法が適しているかは、業種や取り扱う商材によって異なります。

特定の業種や商材に特化した集客セミナーもあるので、自身の事業に役立ちそうなセミナー選んで参加してみましょう。

競合差別化

小規模事業者である個人事業主にとって、競合差別化は非常に重要度の高い戦略の1つです。

スケールメリットを活かした低価格戦略や薄利多売戦略では、資金が潤沢な大企業には適わないケースが大半でしょう。

小回りが利く小規模事業者のメリットを活かして、大手にはまねのできない戦略を打ち出さなくてはなりません。

一口に競合差別化と言っても、差別化を図るための戦略にはいくつかのパターンがあります。

【競合差別化の戦略例】

物理的差別化:扱う商品・サービスの独自性を打ち出す

ブランドによる差別化:付加価値や特別感を打ち出す

関係性による差別化:顧客との関わりの深さを打ち出す

自身の事業において打ち出せる差別化戦略を絞り込み、着実に実践していくことが大切です。

競合差別化につながるさまざまなノウハウを、マーケティングセミナーを通じて学んでみてはいかがでしょうか。

Webマーケティング

個人事業主のマーケティング施策で重要になるのが「費用対効果」です。

広告宣伝費をできるだけ抑えつつ、効果の高いマーケティング施策を講じる必要があります。

低コストで高い効果を得られるマーケティング施策の1つがWebマーケティングです。

SEOやWeb広告といった手法を集中的に学ぶことで、費用対効果の高いマーケティング施策を講じやすくなります。

オンラインが主体のビジネスはもちろんのこと、オフラインビジネスにおいてもWebマーケティングの知識は必須です。

マーケティングセミナーでWebマーケティングのノウハウを学び、効果の高いマーケティング施策を講じましょう。

SNS戦略

情報拡散力の高いSNSは、個人事業主にとって有力な広告宣伝ツールとなり得ます。

Webサイトと比べて双方向のコミュニケーションを図りやすいことから、顧客との深い関係性を築けるからです。

実際、FacebookページやLINE公式アカウントをメインの集客ツールとして活用している個人事業主も少なくありません。

SNS戦略では「どのSNSを活用するか」「何を発信するか」「フォロワーをいかにして顧客化するか」がポイントとなります。

マーケティングセミナーでSNS戦略を学ぶことで、SNSを強力な集客ツールとして活用しましょう。

ブランディング戦略

ブランディング戦略と聞くと企業が取り組む施策のように感じるかもしれませんが、実は個人事業主にこそ重要度の高い戦略です。

例えば受託業務を請け負う個人事業主であれば「他の人ではなく自分に依頼するメリットは何か」を明確に打ち出す必要があります。

自身の強みや差別化ポイントを、どのようにして認知してもらうかも重要なポイントです。

ブランドイメージの形成方法や認知の広げ方を学ぶことで、個人でもブランドを確立することができます。

ブランディング戦略に特化したマーケティングセミナーに参加して、ご自身のブランディングを強化してみてはいかでしょうか。

まとめ

基本的には1人で事業を営む個人事業主にとって、新たな学びを得られるマーケティングセミナーは希少な場といえます。

今回紹介したテーマ例や学べる内容を参考にしつつ、マーケティングセミナーに積極的に参加してみてはいかがでしょうか。

マーケティングセミナーで得た学びが、ご自身のビジネスを成長させる上で重要なきっかけになるかもしれません。

三方よしマーケティング特別セミナー

「絆徳(ばんとく)の経営スクール(MBS)」は、中小企業経営者に必要なマーケティングの知識や考え方などが体系的に学べるセミナーです。

「絆徳(ばんとく)」とは「あなたがよいことをするので、ずっと一緒にいられる関係性」という意味です。

自らが顧客にとって「よいこと」をすれば、顧客は自社のファンになってくれるでしょう。

そして自社の売上が上がります。

自社の利益だけを追及するのではなく、社会性・理念と経済合理性を矛盾なく両立させることが絆徳経営です。

セミナーでは実際に自社ビジネスに活用できる実践的スキルや、マーケティングによってビジネスを拡大した成功事例を学べます。

自社だけが良いのではなく、顧客や社会にとっても良いビジネスをするために「三方よしのマーケティング」をぜひ学んでください。

無料体験セミナーに参加する

Finding an apprenticeship – Frequently Asked Questions(FAQ)