マーケティングセミナーに経営者が参加する7つのメリットとは?おすすめテーマを紹介

マーケティングセミナーに経営者が参加する7つのメリットとは?おすすめテーマを紹介

マーケティングセミナーに経営者が参加するメリットとして、「自己流の施策から脱却できる」「顧客視点のマーケティング思考が身につく」「マーケティングのトップ人材から話を聞ける」「売れ続ける仕組みの構築」「新たな市場の開拓に役立つ視点を得られる」「マーケティングのトレンドがわかる」「優れた成功事例を学べる」の7点が挙げられます。

経営者におすすめのマーケティングセミナーのテーマは、集客・競合差別化・コンテンツマーケティング・SNS戦略・データ分析/効果測定の5つです。

  • 経営者にとって、マーケティングセミナーに参加するメリットとは?
  • マーケティングセミナーでは具体的に何が学べるのか?
  • 経営者が参加するならどんなマーケティングセミナーを選べばいい?

上記のようなことで迷っていませんか?

今回は、マーケティングセミナーに経営者が参加する具体的なメリットについてわかりやすく解説します。

経営者におすすめのマーケティングセミナーのテーマ例も挙げていますので、ぜひ参考にしてください。

マーケティングセミナーに経営者が参加する7つのメリット

マーケティングセミナーとは、ビジネス関連セミナーの中でも特にマーケティング分野に関するテーマを扱うセミナーのことです。

マーケティングセミナーに経営者が参加することで、具体的にどのようなメリットを得られるのでしょうか。

主なメリットとして、次の7点が挙げられます。

自己流の施策から脱却できる

マーケティングセミナーで基礎的な理論やノウハウを学ぶことで、自己流のマーケティング施策から脱却するきっかけを得られます。

マーケティングがカバーする範囲は非常に幅広く、提唱されている理論やフレームワークも数え切れないほど存在するのが実情です。

さまざまなマーケティングの理論やフレームワークを、独学で習得し、実践してきた方も多いのではないでしょうか。

独学がNGというわけではないものの、自己流で進めてきた施策がある段階で行き詰まってしまうケースは決して少なくありません。

複数の打開策を知っておくためにも、マーケティングセミナーで多種多様な理論やノウハウを学ぶ意義は十分にあるでしょう。

顧客視点のマーケティング思考が身につく

成功するマーケティング施策の重要なポイントとして「顧客視点」に立脚しているかどうか、という点が挙げられます。

マーケティングは年々進化しており、特に近年は顧客心理や顧客行動に着目した理論やノウハウが数多く見られるようになりました。

商品やサービスが市場に行きわたった現代においては、「良い商品・サービスを提供すれば売れる」とは限りません。

事業者側の論理に終始するのではなく、顧客ニーズを従来以上に深く掘り下げ、本質的な欲求を探る必要があります。

顧客視点のマーケティング思考を自然に身につけられる点は、マーケティングセミナーに参加するメリットの1つといえるでしょう。

マーケティングのトップ人材から話を聞ける

さまざまな業種・分野で活躍しているトップレベルの人材から直接話を聞けることも大きなメリットといえます。

世の中には優れたマーケティング施策が数多く存在するものの、通常は特定の企業内で共有されるのみです。

成功に至るプロセスを詳細に知るには、マーケティング施策の立案や実行に携わった当事者から直接聞くのが得策でしょう。

マーケティングセミナーに登壇する方々の多くは、マーケティング施策を実行に移し、事業を成功へと導いた実体験をもっています。

マーケティングのトップ人材から実践的なノウハウを直接教わることのできる、貴重な場となりえるのです。

売れ続ける仕組みの構築に役立つ

ピーター・ドラッカー氏は、著書『マネジメント』の中でマーケティングを次のように定義しています。

マーケティングの理想は、販売を不要にすることである。

販売や営業が「売るための手段」であるのに対して、マーケティングの目的は「売れ続ける仕組み」を構築することにあります。

売れ続ける仕組みが確立されれば、究極的には営業や販売はほぼ不要になっていくでしょう。

結果として「広告費の抑制」や「安定した売上基盤の確立」など、数多くの恩恵を受けられるのです。

売れ続ける仕組みの構築に役立つ知識・ノウハウを習得できる点は、マーケティングセミナーに参加するメリットといえます。

新たな市場の開拓に役立つ視点を得られる

顧客ニーズを深掘りし、本質的な価値を追求していくことにより、新たな市場の開拓に役立つ視点を得られる可能性があります。

市場が飽和に達している現代においては、新たな市場の開拓は持続可能な経営を実現する上で重要な課題の1つです。

一方で、新たな市場の開拓には常にリスクが付きまといます。

リスクを取って新たな市場に参入する以上、顧客の潜在ニーズに対する深い理解は不可欠でしょう。

顧客の潜在ニーズを探るためのノウハウを得られる点は、マーケティングセミナーに参加する大きなメリットといえます。

マーケティングのトレンドがわかる

マーケティングの最新動向について情報収集できることも、マーケティングセミナーに参加する大きなメリットの1つです。

マーケティング分野は日進月歩のため、数年前にはメジャーだった理論やノウハウが古くなってしまうこともめずらしくありません。

常に最新情報を仕入れなければ、考え方や感覚がいつの間にか時代遅れになってしまうこともあり得るのです。

マーケティングセミナーに参加することにより、現在のトレンドを把握しやすくなります。

自社が講じているマーケティング施策が周回遅れになっていないか、確認する意味においてもセミナーに参加する意義は十分にあるでしょう。

優れた成功事例を学べる

マーケティングセミナーでは、マーケティングの理論やノウハウに留まらず、具体的な成功事例もしばしば紹介されます。

優れた成功事例を知ることで、理論やノウハウをより実践に活かしやすくなるのです。

実際、マーケティングの理論やノウハウを学んでも「どう実践すればよいのかわからない」というケースは少なくありません。

他社の優れた成功事例を知り、理論やノウハウを自社で実践するイメージが湧きやすくなることは大きなメリットといえます。

ラーニングエッジが開催する「絆徳の経営スクール(MBS)」では、マーケティングの理論だけでなく、ありとあらゆる業界の成功事例をご紹介しています。

どんな業種・どんな市場であっても必ず活用できる「マーケティングの本質」を具体的な成功事例と合わせて知りたい方は、3時間の無料セミナーをぜひ体験してみてください。

無料体験セミナーに参加する

LINE登録すると、無一文から年商100億円の上場企業に成長した「北の達人」代表の木下社長が語った「集客の秘訣」動画を限定公開

経営者におすすめのマーケティングセミナーのテーマ5選

マーケティングセミナーには多種多様なテーマがありますが、経営者の方が参加するならどのようなテーマを選べばよいのでしょうか。

おすすめのテーマ5選を紹介します。

おすすめテーマ1:集客

集客はマーケティングの中でも基本中の基本ともいえる施策の1つです。

オフライン・オンラインを問わず、より多くの見込み顧客を集めるノウハウを学ぶことで、事業を着実に成長させやすくなります。

例えば、次に挙げるような集客施策にフォーカスしたマーケティングセミナーがおすすめです。

【オフラインの集客施策例】

  • ポスティング
  • 折込チラシ
  • DM
  • テレアポ
  • 展示会
  • 無料セミナー

【オンラインの集客施策例】

  • Webサイト(自社ホームページ)
  • オウンドメディア
  • LP(ランディングページ)
  • ECサイト
  • メールマガジン
  • Lステップ(LINE公式アカウント)
  • Web広告(リスティング広告・ディスプレイ広告・動画広告など)
  • プレスリリース
  • ウェビナー

おすすめテーマ2:競合差別化

企業の競争戦略には、大きく分けて次の3つがあります。

  • コストリーダーシップ戦略:競合他社よりも安い価格で提供する
  • 集中戦略:特定の商品・サービスを市場に集中投下する
  • 差別化戦略:他社にはない強みや特異性を打ち出す

上記のうち、コストリーダーシップ戦略や集中戦略を実現するには相応の事業規模や資金力が不可欠です。

一方、差別化戦略に関しては事業規模を問わず実践可能な競争戦略といえるでしょう。

競合差別化を図るための主な戦略は次の4つです。

  • ブランドイメージによる差別化(ブランディング)
  • 製品による差別化
  • 顧客サービスによる差別化
  • 流通チャネルによる差別化

自社の強みを活かして競合差別化を図ることができれば、価格競争に巻き込まれにくい安定した売上基盤を築けます。

自社が講じるべき差別化戦略を見極めるヒントを得るために、マーケティングセミナーを活用してみてはいかがでしょうか。

おすすめテーマ3:コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングとは、有益なコンテンツを提供することで見込み顧客の信頼を獲得するマーケティング戦略のことです。

コンテンツマーケティングの主な手法には、次の6つがあります。

  • 記事コンテンツ
  • LP(ランディングページ)
  • メールマガジン
  • 動画
  • ホワイトペーパー
  • プレスリリース

単に情報を発信するだけでなく、コンテンツを閲覧したユーザーに行動を促すことにより、メールアドレスなどの情報を収集します。

広告施策の効果が薄くなりつつある昨今、コンテンツマーケティングはますます有力な集客施策となっていくでしょう。

広告施策に行き詰まりを感じているようなら、コンテンツマーケティングに関するセミナーが打開策を示してくれるかもしれません。

おすすめテーマ4:SNS戦略

拡散力が高く、認知度向上に大きく寄与する可能性のあるSNSは、マーケティング施策の中でも重要な位置を占めています。

SNS戦略においては、ユーザーの「購入したい」という欲求と「拡散したい」という欲求の両面に対応することが重要です。

「購入したい」と「拡散したい」という2軸の消費行動を集約したフレームワークを「Dual AISAS」といいます。

「購入したい」が目的のAISAS
Attention(注意):存在に気づく
Interest(興味):商品・サービスが気になり始める
Search(検索):商品・サービスについて調べる
Action(行動):購入する
Share(共有):意見や感想を共有する
「拡散したい」が目的のAISAS
Active(活性化):興味関心が拡散から購入へと変化する
Interest(興味):参加型キャンペーンやプロモーションに関心を寄せる
Share(共有):第三者に共有する
Accept(共鳴):投稿を見た第三者が共鳴する
Spread(拡散):共鳴の波が広がり、情報が拡散される
Dual AISAS

Dual AISASのようなフレームワークをまとめて学べる点は、マーケティングセミナーの大きなメリットの1つです。

SNS戦略の強化を目的として、マーケティングセミナーに参加するのも1つの考え方といえるでしょう。

おすすめテーマ5:データ分析/効果測定

マーケティング戦略の構築・実行に欠かせないのが「データ分析/効果測定」の視点です。

あらゆるマーケティング施策は、実行した結果の分析・効果測定とセットと捉えてください。

勘や経験に頼らない戦略構築により、再現性の高いマーケティング施策を講じられます。

データにもとづくマーケティング施策の重要性は、経営者の方こそ知っておくべき概念といえるでしょう。

客観性の高いマーケティング施策を講じるためにも、データ分析や効果測定がテーマのセミナーに参加してみてはいかがでしょうか。

まとめ

経営者の方がマーケティングセミナーに参加するメリットは数多くあります。

マーケティング部門に任せ切りにするのではなく、ぜひ経営者の方も積極的にマーケティングセミナーに参加してみてください。

マーケティングの実践的な知識を得ることで、これまでとは異なる視点から事業や組織をマネジメントできるようになるはずです。

三方よしマーケティング特別セミナー

「絆徳(ばんとく)の経営スクール(MBS)」は、中小企業経営者に必要なマーケティングの知識や考え方などが体系的に学べるセミナーです。

「絆徳(ばんとく)」とは「あなたがよいことをするので、ずっと一緒にいられる関係性」という意味です。

自らが顧客にとって「よいこと」をすれば、顧客は自社のファンになってくれるでしょう。

そして自社の売上が上がります。

自社の利益だけを追及するのではなく、社会性・理念と経済合理性を矛盾なく両立させることが絆徳経営です。

セミナーでは実際に自社ビジネスに活用できる実践的スキルや、マーケティングによってビジネスを拡大した成功事例を学べます。

自社だけが良いのではなく、顧客や社会にとっても良いビジネスをするために「三方よしのマーケティング」をぜひ学んでください。

無料体験セミナーに参加する

Finding an apprenticeship – Frequently Asked Questions(FAQ)